ITの流行・トレンド

IT機器やITに関連した情報など流れはとても早い。PCが小型化されスマートフォン、iPhoneになりタブレットになりました。この流れはこの2・3年の内に素速く変わったという印象があります。 近年ITトレンドのテクノロジーについて、下記のような言葉があがっていました。「モバイル・タブレットの次世代型製品」「アップルストアとマーケットプレース」「次世代アナリティクス」「ビッグ・データ」「超低消費電力サーバ」「クラウドコンピューティング」。 一度は目にしたり耳にしたりしている言葉でしょう。コンピュータが身近に様々な場所で使用され、小型化し低価格化がすすんできています。これまでにIT機器にふれる機会が少なかった人もより身近に手頃に扱えるようになりました。その為コンピューティング能力が以前よりも発揮されるようになったのではないでしょうか。企業でもこの流れにのり変化に対応したビジネスの展開も必要になってきました。 人、ビジネス、公共機関、環境をつなぎ無数のモバイル端末からソーシャルサービスを通してユーザ―の行動情報を収集しそれを活用しようと考えています。この情報をどの視点からどのように分析していくか、また膨大な情報をどのように管理し扱っていくかがこれからの問題となっています。 そしてもっと身近なところで、子供達の教育の中にもITは浸透しタブレットを使用しての教育やゲーム感覚の教育ソフトを使っての教育も普通になってきました。またこの夏実施された「ロボット教室」が気になりました。 目的は子ども達に理科や科学にもっと興味をもってもらうこと。その特徴は、教室では学べない理数系の基礎力を伸ばすもの。学校の教室で行われる実験やドリルでは学べない空間認識能力を学びもっとそれをのばしていくこと。そして実際に自分のロボットを製作して動かしてみることです。 実際にロボットを動かせる材料を用意してくれていますが、どう組み立てれば動くのかを身をもって学びそのテクノロジーの凄さを体験することで、これからの時代も認識でき理科や科学の力を知る良い機会となり、子供達は心から楽しんだようでした。 ずるいです子供達だけだなんて、私も参加してロボットを作ってみたかったです。 クラウドや仮想化について書かれたこのサイト、おすすめです。参考までに。http://engineer-lovesserver.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です